メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

技術紹介

このページはHomeの中の技術紹介の中の原水分析(難分解性対策)のページです。

原水分析(難分解性対策)報告書(事例)

原水分析結果 解析報告書

原水分析結果
解析報告書

原水分析結果 解析報告書2

原水分析結果
解析報告書2

測定結果一覧表・解析

測定結果一覧表・解析


原水分析後 計算書

原水分析後 計算書

難分解対策 ベスト-G・C-230 投与要領書

難分解対策
ベスト-G・C-230
投与要領書



原水分析結果解析報告書(事例)

  • 計量証明書・測定結果一覧表参照
    (原水BOD) (原水処理量)  (一日BOD負荷)
     4,400mg/ℓ × 120M3 ÷ 1000 = 528kg・BOD/日

    必要汚泥量 =528kg・BOD/日×6=3,168kg・MLSS
    運転濃度 =3,168kg・MLSS÷385M3×1000=8228r/ℓ・MLSS
         (一日BOD負荷)(酸化効率 5 %)
    必要空気量 528kg・BOD/日×70M3/BOD・kg=36,960M3/日
          36,960M3/日 ÷ 1440 = 25.66 M3/分
  • BOD5/COD 比 1.7:1.0です。標準値2〜1.5
  • 20/D5 比  1.5倍です。生分解性やや難分解性です。(1.5倍前後が標準)
  • 易分解性程度は D5が63%です。通常60〜70%位
            易分解原水です。難分解性比率が高い。
    BOD5/CODCr 比 2,810mg/ℓ÷3,400mg/ℓ= 0.82 生分解性原水
                 BOD5/CODCr 比 0.4以下 超難分解性
                          0.4〜0.6 難分解性
                          0.6以上 生分解性
  • SS換算BOD転換値 37mg/ℓのSSは 1590mg/ℓのBODに転換 42 倍
               になっています。有機廃水は1〜3倍

結論

原水負荷が異常に高い事が判明致しました。従いまして、運転管理上も今迄苦労されていた事が推測出来ます。
酸素量の不足・散気効率の改善・汚泥濃度不足に見合う設備に改善が必要です。

BOD分析結果説明

表―1

原水中のSSがBOD20迄分析すると、1.5倍に成ります。従って、BOD5で設計された廃水処理では、トラブルが起こる事に成ります。此れを、知らずに運転管理を行っている事が問題です。

表―2

負荷に見合う汚泥量を、確保して運転管理を行っていない事が判明しています。

活性汚泥処理の3重要要素

  1. 本質のBOD負荷の把握
  2. 負荷に見合う酸素供給量
  3. 負荷に見合う汚泥量

測定結果一覧表・解析



廃水処理に関するご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせください!

TEL:0285-28-0771 「ホームページを見た」とお伝えください。

廃水処理(排水処理)・活性汚泥・バルキング対策のご相談はこちら

活性汚泥の無料診断

初期診断は<無料>にて活性汚泥の健康診断を行っています。
顕微鏡観察によって、負荷の大小、空気量の過不足、毒物等妨害物質の有無、バルキング(粘性バルキング、糸状性バルキング)の兆候を見極めて、トラブルの早期解決を実現します。お気軽にお申し込みください。

活性汚泥無料診断のお申し込みはこちら



ページの終了