メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

技術紹介

このページはHomeの中の技術紹介の中の微生物診断のページです。

微生物診断

活性汚泥の生物診断とは、活性汚泥中の汚泥フロックの性状、糸状性細菌、放線菌、および原生・後生動物などの種類および発生量から排水処理の状態、トラブルの原因などを的確に把握し、それを排水処理の運転管理に活用する新しい手法です。

弊社では生物診断によって、トラブルの回避および解決策、排水処理管理方法の確立、さらには排水処理の経費削減を図り進めています。

微生物診断 = 健康診断

活性汚泥フロックの性状、糸状性細菌、放線菌、原生動物などの発生種・発生量などについて調査

活性汚泥の状態(症状)の把握 = 健康診断

日常の廃水処理管理に活用

トラブルの回避・早期解決

生物診断と廃水処理データの解析

適切な運転管理方法の確立

排水処理の安定化






廃水処理に関するご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせください!

TEL:0285-28-0771 「ホームページを見た」とお伝えください。

廃水処理(排水処理)・活性汚泥・バルキング対策のご相談はこちら

活性汚泥の無料診断

初期診断は<無料>にて活性汚泥の健康診断を行っています。
顕微鏡観察によって、負荷の大小、空気量の過不足、毒物等妨害物質の有無、バルキング(粘性バルキング、糸状性バルキング)の兆候を見極めて、トラブルの早期解決を実現します。お気軽にお申し込みください。

活性汚泥無料診断のお申し込みはこちら



ページの終了