メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

技術紹介

このページはHomeの中の技術紹介の中の泡診断のページです。

泡診断

曝気槽の泡の発生状況に依り、活性汚泥を診断します。
粘性泡は、過負荷・酸素不足・毒物混入等の要因によって発生します。

汚泥濃度に対し汚泥処理能力を超えた負荷を掛けた為に発生した泡

粘性度が低下していく泡

泡の状況
粘性度 8 : 死 2 の割合


泡の状況
粘性度 2 : 死 8 の割合

泡の状況 死の泡 3

泡の状況
粘性度 5 : 死 5 の割合


泡による粘性度チェック

粘性を除去する薬品として、キラオーNAが最適です。

泡の状況 粘性度3

泡の状況 粘性度6

泡の状況 粘性度7


泡の状況 粘性度8

泡の状況 粘性度10

泡の状況 粘性度10
嫌気泡


廃水処理に関するご質問やご相談は、お気軽にお問い合わせください!

TEL:0285-28-0771 「ホームページを見た」とお伝えください。

廃水処理(排水処理)・活性汚泥・バルキング対策のご相談はこちら

活性汚泥の無料診断

初期診断は<無料>にて活性汚泥の健康診断を行っています。
顕微鏡観察によって、負荷の大小、空気量の過不足、毒物等妨害物質の有無、バルキング(粘性バルキング、糸状性バルキング)の兆候を見極めて、トラブルの早期解決を実現します。お気軽にお申し込みください。

活性汚泥無料診断のお申し込みはこちら



ページの終了